2017年5月27日 傷心の野辺山

 今日は当会の遠征観測会。さて天気予報はというと、これがなかなか難しい。南は早い時間帯は晴れているのですが、夜半後には南岸から雲が押し寄せて来る予報。北はと言うと山沿いでは雨が降るという・・・。そんなこんなで、西へ行こうと八ヶ岳付近を目指して、中央道を走ることにしました。
 観測地を物色しながらということで、まずは野辺山に。まずまずのお天気なので、急いで夕食をとって観測予定地へ。さて空を見ると、若干の雲は気になるものの、きれいな星空が広がっています。ということで、30cmドブなど準備をしていたら……。なんと全天に雲が広がってくるではないですか。また「機材を出すと曇る」の法則(?)に負けてしまいました。しばらく様子を見ましたが、結局、辺りがガスっぽくなり、また湿度も増えてきて雨が降りそうになったので、あきらめて、別の観測地に移動することに。しかし天気予報は夕方に見たときよりもかなり悪化。双葉SAまで戻ってくると、予報では晴れているはずの甲府盆地も曇っているではないですか。ということで、ここで断念。帰路につくことになりました。
野辺山の細い月


 写真は、野辺山駅の近くで見た細い月(月齢1.6)。まさかこれがこの晩唯一の天体写真になろうとは……。

 

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1858 sec.
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31