9月3日の木星

皆さん、こんばんは。8月は一度も、CPC1100GPSを出せませんでしたが、久々に木星撮影ができました。南中時間が、かなり早くなっていますので、もうそろそろ撮影も難しくなってきています。木星の横には、イオが写っています。2008年9月3日20時20分撮影セレストロンCPC1100GPS+SONY DCR-HC96XW14ミリ DVズーム 1/30 1353コマコンポジットステライメージ5にて画像処理
2008_9_3_jup

— by となみ 2008年9月4日 20時31分  

2008年7月17日の木星画像

皆さん、こんばんは。関東地方もようやく梅雨明けしましたが、梅雨明け前に、久々に木星撮影ができました。2008年7月17日22時30分撮影セレストロンCPC1100GPS+SONY DCR-HC96XW14ミリ DVズーム 1/30 1727コマコンポジットステライメージ5にて画像処理
2008_7_17_jup

— by となみ 2008年7月20日 21時38分  

2008年5月22日の木星

2008年5月22日深夜、木星を撮影しました。高度30度位しかないのに、それなりの見え味でした。これで高度があり、シーイングが良ければ…。2008年5月22日2時13分撮影セレストロンCPC1100GPS(XLT)+SONY DCR-HC96XW14ミリ DVズーム 1/30 1431コマコンポジットステライメージ5にて画像処理
2008_5_22_jup
もう少し、シーイングが良ければ…

— by となみ 2008年5月22日 18時35分  

水星が見ごろ

 現在、夕方の空で水星が見ごろを迎えています。

 太陽に一番近い惑星の水星は、見かけの位置が太陽からあまり離れないため、観察するのが難しい天体です。この水星が先日14日に東方最大離角(東側にもっとも離れて見える)となり、夕方の西空で見やすい時期を迎えています。今週末の18日くらいまでがチャンスでしょう。 水星は太陽が沈んですぐ、西北西の低空に見られます。よく晴れ渡った日に、地平線近くまで見渡せる場所で探してみましょう。

 なお、当方でも写真に撮影できましたら、画像を掲載したいと思います。

関連ページ●日の出・日の入時刻計算(当サイト)国立天文台「見てみよう!春の夜空の月・惑星」キャンペーン →同携帯サイト国立天文台・今日の星空 →同携帯サイト月と金星と水星(昨年の当記事) →同携帯サイト

— by 怪鳥 2008年5月16日 17時02分  

4月6日の土星の画像

4月6日、仕事帰り後、CPC1100GPSを準備して土星を撮影しました。シーイングはさほど悪くはなかったのですが、透明度は悪かったです。なので、画像を拡大できず、ピント調整が中途半端になってしまいました。2008年4月6日21時18分撮影セレストロン CPC1100GPS(XLT)+SONY DCR-HC96 XW14 DVズーム 1/30 1020コマコンポジットステライメージ5使用
2008_4_6_sat

— by となみ 2008年4月7日 22時24分  

12月2日の火星

CPC1100GPSを使用して、火星を撮影しました。微妙なピント調整が難しいです。今度、ヘリコイドを撮影用アダプターに組込む予定ですので、その時はもっと良い画像がお見せできると思います。(本当か…?)2007年12月2日0時2分撮影セレストロン CPC1100GPS(XLT)+SONY DCR-HC96 XW14 DVズーム 1/30 1522コマコンポジットステライメージ5使用
12_02mas

— by となみ 2007年12月2日 19時56分  

月と金星と水星

月と金星と水星

 5/20夕方、月と金星が(見かけ上)接近して見られました。(当サイトでも取り上げていませんでしがたが)世間ではあまり話題になっていなかったので、久々に晴れ上がり、澄み渡った夕空に見られた美しい光景に、驚いた人も多かったようですね。 次回、金星と月が接近するのは6/18です。よかったら覚えておいて下さい。

 なお水星がもうすぐ見ごろを迎えます。6/1~6/10は「内惑星ウィーク」キャンペーンというものを国立天文台が展開します。この機会に、コペルニクスも見られなかったという逸話の残る見づらい水星を、ぜひ探してみましょう。

国立天文台「内惑星ウィーク」キャンペーンのページ同、携帯ページ

※画像は新横浜付近で5/20に撮影した月・金星・水星(なお、上記「内惑星ウィーク」キャンペーンページでもこの画像を使用しております。)

— by 怪鳥 2007年5月21日 14時29分  

金星と桜の画像

金星と桜

 今年の春は、夕空に宵の明星「金星」がきれいに輝いています。久々に桜と金星の風景を撮影してみました(画像は、国分寺のくろがね公園)。桜の季節、夕空に金星が見られるのは2004年以来3年ぶりです。

 東京は冷え込んだおかげで、長い間桜を楽しめました。が、金星と一緒に月が見えた3/21~22頃は、まだ咲き始めできれいではありませんでした。今月に入って4/20には、再び夕空で金星と月が並びますが、さすがにそこまでは桜は持たないでしょう。

 これから、桜前線も北上していくと思います。4/20に満開になるのは、東北か長野辺りでしょうか。満開の桜に月と金星という、ぜいたくな光景となりそうですから、楽しみにしてください。の

— by 怪鳥 2007年4月6日 23時00分  

3月21日の土星

今日は、気流も安定していて土星がきれいでした。撮影技術が、まだまだなので満足できる画像ではありませんが、今後もがんばります!2007年3月21日19時35分撮影 セレストロン CPC800GPS(XLT)+SONY DCR-HC96 XW14 DVズーム 1/30 1050コマコンポジット ステライメージ5にて画像処理。

sat1

— by となみ 2007年3月21日 23時43分  

水星がもうすぐ見頃

mercury1

 太陽に最も近いところを公転している惑星の「水星」が見頃を迎えています。見かけ上、太陽から最も離れて見える「東方最大離角」が2/8。この前後1週間ほど、夕方の西空で見やすくなります。

 画像は、2/2(金)に府中市内から見えた水星と金星(と富士山)です。日没30分後~1時間後が見やすそうです。金星がそばでとても明るく輝いていますから、よい目印になると思います。 まだ見たことのない方は、ぜひチャレンジしてみてください。

 下の図は、日没30分後の位置の目安です(StellaNavigator、AstroArts/ASCIIにて作成)。●日没時刻はこちらから(PC版)

mercury-map

— by 怪鳥 2007年2月3日 02時22分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0882 sec.