水星が見ごろ

 現在、夕方の空で水星が見ごろを迎えています。

 太陽に一番近い惑星の水星は、見かけの位置が太陽からあまり離れないため、観察するのが難しい天体です。この水星が先日14日に東方最大離角(東側にもっとも離れて見える)となり、夕方の西空で見やすい時期を迎えています。今週末の18日くらいまでがチャンスでしょう。 水星は太陽が沈んですぐ、西北西の低空に見られます。よく晴れ渡った日に、地平線近くまで見渡せる場所で探してみましょう。

 なお、当方でも写真に撮影できましたら、画像を掲載したいと思います。

関連ページ●日の出・日の入時刻計算(当サイト)国立天文台「見てみよう!春の夜空の月・惑星」キャンペーン →同携帯サイト国立天文台・今日の星空 →同携帯サイト月と金星と水星(昨年の当記事) →同携帯サイト

— by 怪鳥 2008年5月16日 17時02分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.9973 sec.