半影月食 part2

2012.11.29 00:16:34
撮影してみました。
見た感じでは全く分かりませんでしたが、こうしてみると右側が暗いようです。
IMGP1305_s


— by せお 2012年11月29日 22時11分  

 

半影月食

11月28日から29日にかけて半影月食が見られました。肉眼ではよくわかりませんでしたが、写真ではうっすらと暗くなっているのが分かるでしょうか。

半影月食
食の最大の頃。上のほうが薄暗くなっています。
食最大頃(強調画像)
コントラスト強調した画像。こうすると暗くなっているのがはっきり分かります

— by てらくぼ 2012年11月29日 06時48分  

金星と土星の接近

金星と土星が並んでいる風景を撮影しました。望遠鏡の同一視野内に一緒に見えるほどの大接近でした。

kakudai
土星と金星の拡大撮影。写真だとどちらも形がはっきりしませんね。
金星と土星。下には水星も見えます

— by てらくぼ 2012年11月27日 06時36分  

2013年は彗星の年?

ハーゲンローザー彗星
ハーゲンローザー彗星(2012/10/20撮影)

意外と明るくなったハーゲンローザー彗星(168P)。明るくなったとは言っても、明るさは9等台。それでも尾が写るとは、デジタル機器の進歩はたいしたものです。でも久しぶりに、望遠鏡やカメラの力を借りなくても見えるような彗星を見てみたいもの、と思っていたら、来年(2013年)明るい彗星が見られる(かも)という情報が入って来ました(それも2つも!)。

パンスターズ彗星(C/2011 L4)

近日点通過時にはマイナス等級まで明るくなる可能性があります。しかし近日点通過(2013/3/10)前は日本での観測条件が悪く、条件がよく見え始めるのは近日点通過後の3月中旬以降となりそうです。彗星が暗くなるのが先か、空高く昇り見やすくなるのが先か、静かに期待しながらその日を待ちたいものです。

アイソン彗星(C/2012 S1)

太陽に非常に接近するため、近日点通過時(2013/11/29)にはマイナス10等以上の明るさになるのではないかと期待されています(その時には太陽に近すぎて見るのは困難ですが)。日本では、近日点通過前、通過後とも比較的条件良く見ることができそうです。もし、近日点通過後にも本体が消滅せず残っていて、かつ多くのチリを放出していたら、長大な尾を見ることができるかも知れません。楽しみに待ちたいと思います。

— by てらくぼ 2012年11月7日 20時36分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0713 sec.