2012年今年の主な天文現象

2012年は食の当たり年。特に金環日食、金星の日面通過、金星食、と”金”がつくものが続きます。今年は食の大当たりの1年となりそうです。

  • ・金環日食 5/21(月)7時32分(金環食開始) 今年一番注目の天文現象。太平洋側の広い範囲で金環食が見られます。
  • ・部分月食 6/4(月)18:59~21:07(最大食分37%)。
  • ・金星の日面経過 6/6(水)7:10~13:47 丸い黒点のように見えます。次回は105年後と当面見ることができない現象です。
  • ・木星食 7/15(日)13:06~14:02 日中なので見るのが難しい。
  • ・ペルセウス座流星群 8/12(日)頃  明け方月に邪魔されるが極大時間の条件はまずまず。
  • ・金星食 8/14(火)2:45~3:29 金星高度も高く見やすい。
  • ・半影月食 11/28(水)21:12~25:53 肉眼では分かりづらいかも知れないが写真に撮ると月が薄暗くなっているのがはっきり分かる。
  • ・ふたご座流星群 12/13(木)頃 月の影響がなく見やすい 。
実際に観測される場合は、別途詳しい情報を入手の上臨んで下さい。

— by てらくぼ 2012年1月1日 08時18分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.5071 sec.