土井さん、再び宇宙へ

 日本の実験棟「きぼう」の船内保管室を搭載し、宇宙飛行士・土井さんが搭乗したスペースシャトル・エンデバー号が、3月11日15時28分(日本時)、無事打ち上がりました。 順調であれば、トータル16日間のミッションが行われる予定で、3日後には国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングし、その後きぼうの船内保管室取り付けなど、さまざまな作業が行われます。

 なお、シャトルと宇宙ステーションは、現段階では、ミッションの後半に明け方の空で見ることができそうです。

— by 怪鳥 2008年3月11日 15時57分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2680 sec.