8/12深夜はペルセウス座流星群が極大

 8/12深夜から8/13未明にかけて、ペルセウス座流星群が極大を迎えます。今年は月明かりの影響がなく、また極大の時間帯が日本で観測しやすい時間帯(23時~2時頃)にあたるため、多くの流星が流れることが期待されます。 天の川が見えるような暗い空では、8/13明け方3時頃を中心に1時間に70個程度が予想されています。あとは天候に恵まれるとよいのですが・・・(詳細はPCにてこちらへ)。

— by 怪鳥 2005年8月10日 09時00分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.7596 sec.