2017年12月23日 今日の一枚(APOD)

 先日、ふたご座流星群の観測の際、その母天体の小惑星フェートンが地球に接近していまして、10等台と大変明るくなっていました。そこで、母天体とその流星の2ショット写真が撮影できないかと、300mmレンズでフェートンの付近を狙ったのですが、運良く10コマ(1コマ10秒露出)ほどの間に2つの流星が(非常にかすかですが)入ってくれました。これは貴重だと思って、久々に「Astronomy Picture of the Day」に応募してみたのですが、ついに今日、採用されました。
よろしかったら下のリンクからご覧ください。

●Astronomy Picture of the Day "Phaethon's Brood "Link

   

2017年12月5日 今年のふたご座流星群

 今日は国立天文台のゼミに参加してきました。アイソン彗星の尾のお話。とても興味深いです。
 今年のふたご座流星群の情報Link をようやく公開できました。もう少しこういう作業ができる余裕が出てくるといいのですが、まだまだカツカツです。今年は、ペルセ群同様、今後10年間の極大情報を追加しました。ただふたご群の場合、極大のタイミングに関わらず多く見られますよねぇ。今年は晴れてほしい!

●2017年のふたご座流星群の情報Link

     

2016年12月11日 ふたご群の極大目前なのに・・・・・・

 もうすぐふたご座流星群の極大だというのに、天気予報は最悪。うーん、今年はことごとく晴れていませんね。
 今晩は、透明度が良かったので撮影をしてみました。動画でもいくつかの流星を捉えましたので、ご紹介です。府中の自宅での撮影で、月明かりもあり、背景はだいぶ明るいのですが、思ったよりもきれいな空だったように思います。



   

2014年12月10日 そろそろ“ふたご座流星群”

 「ほうおう座流星群」のことも、まだまだバタバタしているうちに、もうすぐ「ふたご座流星群」の極大がやってきます。なんか騒がしくなってきたので、とりあえず情報をまとめてみました。ご参考まで。

●2014年のふたご座流星群の情報

いかがでしょうか。今年はなかなか好条件のもとで観測できそうです。14日の深夜までが最も多く見られそうですね。実はその後、月がのぼってきてしまうのですが、(数は減りますが)明るい流星が増えてくるはずなのです。ということで14日の夜は一晩中観測予定なのでした。

   

2012年12月12日 ふたご座流星群極大前夜

 明日の夜は、ふたご座流星群の極大夜です。明日の本観測を前に、自宅からテスト的に撮影してみました。すると、運良く、明るい群流星を目撃できました。

 元はハイビジョン画質なので、よろしければ、HDで再生してくださいませ(それにしても、流星動画のアップロードは、明るさの調整が難しいですね・・・)。

     

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0565 sec.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31