夏の終わり

子供のころ好きだったけど、今は意外とダメなもの。そう、虫。

夏・虫、といえばセミやらカブトムシやらクワガタですが、やっぱり一番好きなのはクワガタですかね。なんか、こう、かっこいいです。

さてさて、そんなクワガタ・実は星雲になっているんです!その名も、クワガタ星雲。(ただし、MessierやNGC・IC番号はついていない)

カシオペア座、 M52・バブル星雲付近をフレーミングすると、あわーく、とてもあわーく、その姿を表します。(右下らへん。わかりますかね?)

改造カメラであれば、割と簡単に姿を表しますが、どうしても赤っぽくなってしまいます。でも、ノーマルカメラだと、あごの部分は青っぽく映ります。

あと、なんかその辺にいた彗星(C2012 K1 PANSTARRS)も撮影したので、ついでに載せます。

20140929_071803__01_M052_bubble_p03

20140929_071726__01_M052_bubble_p03-ano

20140930_202354__aaa-1

— by いやま 2014年9月30日 20時42分  

今年は十三夜が2回

10/8に皆既月食がありますが、その2日前10月6日は十三夜(後の月・豆名月・栗名月)です。

十三夜とは旧暦の九月十三日に行われる行事で、旧暦の八月十五日に行われる十五夜(中秋の名月・芋名月)と並んで月を愛でる(眺める)風習があります。

その十三夜ですが、今年は旧暦の九月十三日が二回訪れるため、十三夜が二度あります。

これは九月の後に閏九月が入るためで、一度目の九月十三日が現在の10月6日、二度目の(閏)九月十三日が11月5日となります。

今年は、片見月(十五夜と十三夜の両方を見ないと縁起が悪い、と言われているそうです)を避けためにるには3度の月見が必要となりそうですね。さらに十日夜(とおかんや。旧暦の十月十日の月。今年は12月1日)まで眺めようとすると、4度の月見が必要、となります。

・ちなみに閏九月があり、十三夜が2回ある年は1843年以来のこと、次は2109年となります。

・また、閏八月があり、十五夜(中秋の名月)が2回ある年は1957年、1976年、1995年、2052年、など。そういえば、1995年の時には「中秋の名月が2回ある」と話題になったようなならなかったような(うる覚え・・・)

・閏十月があり十日夜が2回ある年は1984年、など。

・十日夜は収穫のお祝いという色彩が強い行事のため、現在では、月に関係なく新暦の11月10日に行事を行うところが多いようです。
十三夜
2014/10/6 十三夜の月

— by てらくぼ 2014年9月25日 21時16分  

FAS今後の活動予定

FAS府中天文同好会の今後の活動予定です。活動参加の参考にしてください。

<2014年10月~11月の会の主な活動予定>

  • 日時        内容    場所
  • 10/4(土)18:30~ 星空観望会 府中市郷土の森博物館
  • 10/8(水)17:30~ 月食観測会(星空観望会)府中市郷土の森博物館
  • 10/25(土)~26(日) 秋の観測旅行 ペンション・スターパーティ(主催さいたま☆天文同好会)
  • 11/2(日)13:30~ むぎ星編集 会長宅
  • 11/8(土)18:30~ 星空観望会 府中市郷土の森博物館
  • 11/9(日)13:30~ 定例会 府中市教育センター
  • 11/23(日)~24(月祝) 伊東観測旅行 クリオ伊東
おまけ。前回の皆既月食の写真
前回の皆既月食
2011/12/10の皆既月食。今度(10/8)の皆既月食もちゃんと見えてくれると良いですね

— by てらくぼ 2014年9月23日 10時33分  

金星と木星の接近(8/18朝)

 アップが遅くなってしまいましたが、金星と木星の接近の様子を撮影しました。てらくぼさんの前の日です。府中はあいにくの曇天だったため、多摩川沿いに南下し、川崎市内での撮影となりました。
 画像をクリックして拡大してご覧ください。
金星と木星の接近(広角)
広視野
金星と木星の接近(中望遠)
少し拡大気味
vj20140818-3s
望遠レンズにて

 この日は上が金星で、下のやや暗めの星が木星です。

 

— by 怪鳥 2014年8月19日 15時07分  

 

木星と金星の接近

8/19朝、木星と金星が接近して見えました(最接近は前日でした)。

上に木星、下に金星、と明るい惑星2つが揃って見えている光景は、中々見応えがありました。

木星と金星
木星と金星の接近(広角による遠景)
木星と金星の接近
木星と金星の接近(望遠鏡で拡大)。木星の衛星とプレセペの星の一部もなんとか写っている

 

— by てらくぼ 2014年8月19日 04時39分  

FAS今後の活動予定

FAS府中天文同好会の今後の活動予定です。活動参加の参考にしてください。

<2014年8月~9月の会の主な活動予定>

  • 日時        内容    場所
  • 8/2(土)19:30~ 星空観望会 府中市郷土の森博物館
  • 8/11(月)~13(水) 白樺湖観測旅行(ペルセ群) 白樺湖/蓼科山等
  • 8/30(土)夕方~ 遠征観測会 詳細未定
  • 9/6(土)19:00~ 星空観望会 府中市郷土の森博物館
  • 9/7(日)13:30~ むぎ星編集 会長宅
  • 9/21(日)13:30~ 定例会 府中市教育センター
  • 9/27(土)夕方~ 遠征観測会 詳細未定
予定だけでは何なので、おまけ。
7/11の虹
7/11三鷹から見た虹。色が濃く見事な虹でした
7/27虹
7/27国分寺から見た虹。残念ながら淡く地味な見栄えの虹でした

— by てらくぼ 2014年7月27日 18時26分  

水星が見頃

水星が夕方の西空で見やすくなっています。

5月25日に東方最大離角となりますが、その前の5月22日~5月24日には日没時の高度が20度を超えます。

高度が20度を超えるのは2008年以来で6年ぶりで、水星の観測には絶好のチャンス到来です。

6月4日頃までは日没時の高度が15度を超えていますので、この頃までに西~西北西の空で水星を探してみてはいかがでしょうか。

水星
5/16 19:35頃の西北西の空に輝く水星@国分寺
水星拡大
コンパクトデジカメなのでボケボケだが、半月状に欠けているのが分かる

— by てらくぼ 2014年5月16日 22時35分  

キャプション

皆さん、こんにちは。
4/26-27の遠征で色々な銀河や星雲/星団の写真を撮りましたが、空の状態や機材の準備不足などの要因で画像としては今ひとつの感がありました。
そこで今回、各画像にキャプションを入れてみたところ、結構かっこよく出来たので例を公開します。
残りの画像は、来週の定例会にでもお披露目しますので、乞うご期待。
キャプションなし
画像だけだと寂しい。
キャプションあり
なんかいい感じでしょ?

— by せお 2014年5月11日 12時29分  

FAS今後の活動予定

FAS府中天文同好会の今後の活動予定です。活動参加の参考にしてください。

<2014年5月~7月の会の主な活動予定>

  • 日時        内容    場所
  • 5/10(土)13:30~ むぎ星編集 会長宅
  • 5/10(土)19:00~ 星空観望会 府中市郷土の森博物館
  • 5/18(日)13:30~ 定例会 府中市教育センター
  • 5/24(土)昼~ 遠征観測会(きりん座流星群(仮称)) 育樹祭記念広場等
  • 6/7(土)19:30~ 星空観望会 府中市郷土の森博物館
  • 6/28(土)夕方~ 遠征観測会 詳細未定
  • 7/5(土)13:30~ むぎ星(170号)編集 会長宅
  • 7/5(土)19:30~ 星空観望会 府中市郷土の森博物館
  • 7/13(日)13:30~ 定例会 府中市教育センター
  • 7/26(土)夕方~ 遠征観測会(みずがめ群・やぎ群) 詳細未定
NGC4567・NGC4568
予定だけではつまらないので、衝突銀河(NGC4567/NGC4568)の写真

— by てらくぼ 2014年5月7日 22時31分  

同じく月食終了直後&東京タワー

今日は月食。低空のモヤのため、食が終了した18:33までに月を発見できず。部分食の終わった5分後位から真っ赤な月が見えてきました@原宿。

原宿歩道橋上では、「おお、月が真っ赤だ。そういえば今日は月食だって」と言っている人、写真を撮る人、と沢山の人が月に見とれていました・・・まあ、確かに今日は月食だけど、赤く見えるのは皆既月食ではなく半影月食&大気減光の相乗効果だけどね・・・と思いながら、私も皆既月食のように感じてしまうほどの赤さでした。

月食18:38頃
18:38頃。部分食は終わったが半影月食中のためやや欠けて見える
月食18:43頃
18:43頃。東京タワーと六本木ヒルズ?

— by てらくぼ 2014年4月15日 20時35分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0553 sec.