火星が大きい

関東は早くも梅雨明け!。天気が良いので銀次を公園まで運び、惑星たちの観望をしました。

ますは先日(6/27)衝を迎えたばかりの土星。 通りがかった人に一通り惑星等(木星、土星、火星、月)を見てもらいましたが、やはり土星が一番人気。

続いて、大接近まで1月余りとなった火星。

明るすぎて模様が分かりづらいほど。

望遠鏡で明るく大きく見えるのは当然だとして、 肉眼で見ても、点像ではなくなぜか大きさがあるように感じました。

さすがに火星の大きさを肉眼で感じるのは難しいでしょうから、錯覚でしょうが、 赤色で目立つこともあり、すでに木星よりも明るさは明るいように感じます。

火星、やっぱり点でなく大きさがある様に見えるなあ…(目の赤色感度が飽和した…いや、単に目が悪くなってなっているような気も)

土星
写真では今一つですが肉眼では綺麗でした
火星
明るくデカい火星
観測風景
左下が火星、中央に月、右上に土星

— by てらくぼ 2018年6月30日 11時11分  

木星が見頃

今年は火星接近の年ですが、火星の接近する夏頃他の惑星も揃い踏み、一度に主要惑星を見ることができます。

今は金星と木星が見やすいですが、まもなく土星が衝を迎え、7月には火星も衝、そして大接近を迎えます。

7月中旬には水星、月も夕空に見られ、月火水木金土と曜日の名の付く天体を一度に見ることができるのです。

今から楽しみです。

写真は、6/2、21:15頃の木星。

天気が良かったので、銀次を出して手持ちコリメートで撮影しました。木星が明るすぎて、露出は1/60秒(ISO400)でも長すぎる位でした。
6/2の木星
木星が見頃

— by てらくぼ 2018年6月3日 09時20分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0550 sec.