府中市郷土の森博物館の紹介

最終更新:2009.6.7

 本ページは、私・怪鳥が、府中市郷土の森の情報を郷土の森のご協力でお伝えするページです。主に星空観望会の概要をお知らせします。よろしかったら一度おいで下さいませ。


星空観望会

 星空観望会は、月に一度行われる一般観望会です。当会では郷土の森の開館以来、ずっとこの星空観望会のお手伝いをしています。

※当会の吉村さんによるページです。
 詳細はぜひこちらにアクセスして下さい。


●星空観望会の内容

説明会:
 会の最初に30分ほど、会議室で事前説明会を行います。こちらの説明担当を、毎回当会会員が持ち回りで担当しています。
観測会:
 郷土の森敷地内におきましておよそ1時間、月、惑星、二重星、星雲・星団などを観望します。天文観測車「ペガサスII」の35cm望遠鏡を始め、数台の望遠鏡や対空双眼鏡を使用します。

 移動天文観測車「ペガサスII」及び主要な望遠鏡・双眼鏡の紹介
 (初代ペガサス号の説明はこちら

参加費:大人100円、子供50円
時 間:3〜4月・9月 19:00〜20:30、5〜8月 19:30〜20:30、10月〜2月 18:30〜20:00 (※年によって変わります)

●2009年度予定

 4月18日(土) 19:00〜20:30 土星の細い環を見よう
 5月30日(土) 19:00〜20:30 春の二重星を見よう!土星も見頃
 6月27日(土) 19:30〜21:00 上弦前の細い月と土星を見よう
 7月11日(土) 19:30〜21:00 球状星団“M13”を見よう
 8月 1日(土) 19:30〜21:00 世界天文年記念 特別バージョン(予定)
 8月29日(土) 19:30〜21:00 太陽系最大の惑星“木星”を見よう
 9月19日(土) 19:00〜20:30 天上の宝石“アルビレオ”を見よう
10月 3日(土) 18:30〜20:00 “中秋の名月”を見よう
11月 7日(土) 18:30〜20:00 天王星を見よう!秋の星空名所案内
12月12日(土) 18:30〜20:00 アンドロメダ銀河を見よう!
 1月23日(土) 18:30〜20:00 2年ぶりの火星接近を楽しもう!
 2月20日(土) 18:30〜20:00 金星と冬の星雲星団を見よう!
 3月20日(土) 19:00〜20:30 オリオン大星雲と土星を見よう!

※なお、雨天・曇天時には中止となります。当日15時以降に、府中市郷土の森博物館(電話:042-368-7921)までお問い合せください。

●結果報告

 最近の結果は
吉村さんの結果報告のページをご覧下さい。

 98年度星空観望会スナップ集はこちら

●星空観望会の結果 バックナンバー

 星空観望会の結果 バックナンバー(96.2〜98.3)

●郷土の森へのアクセスはこちら


郷土の森の概要

 府中市の南側を流れる多摩川のほとりに位置する博物館です。郷土博物館、公園、復元建築、プラネタリウムがあり、歴史、自然、科学に気軽に触れることのできる場所です。当会は1987年の開設以来お付き合いさせて頂き、特に星空観望会は当会の協力と言う形でずっと運営されてます。
(が、当会会員には郷土の森職員はおりませんので、あしからず)

 なお、入園料(博物館観覧料)等は以下のようになっております。

入園料(博物館観覧料)大人:200円、子供:100円
プラネタリウム観覧料 大人:600円、子供:300円(入園料含む)
(常設展示は入園料のみで見学できます。なお特別展などでは別途料金がかかります。)

開園時間 9時から17時まで(入館は16時まで)
     夏休み期間などは延長あり
休園日など詳細なデータは、本家
郷土の森博物館公式ページをご参照下さい。

●郷土の森へのアクセスはこちら


プラネタリウム

 ドーム径23mはフラットドーム型としては東洋一の大きさを誇ります。五藤光学製GL型投影機。傾斜型のものに比べるとかなりゆったりとしてます。
 番組は前半に「当日の星空」の生解説があり、後半がオート番組となります。おーよそ1時間です。定員は300名。

平日2回

14:00〜15:30〜
土曜日3回
12:30〜14:00〜15:30〜
日・祝4回11:00〜12:30〜14:00〜15:30〜

 ※12:30〜の回は、親子向けの番組です。
 プラネタリウム番組や詳しいタイムスケジュールは、
郷土の森博物館公式ページをご参照下さい。


太陽観望会

 園内で望遠鏡を使って太陽黒点などを観望します。

日 程  毎月 第2・4土曜日
時 刻  10:30〜12:00、13:00〜15:30
 参加費無料(入園料のみ)。雨天・曇天は中止。

 (こちらの観望会は、当会は参加しておりません。)


 このページの先頭に戻る  FASのホームページへ戻る